人気ブログランキング |

ゲームしてたり、PDAやMacをいじってたり、今思いついちゃったことをだらっと流したり。話題はその日の気分でてきとーに、色々狭く浅く投げっぱなし。写真は先々代ジャンハムのネボ。


by kusarigamayaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

読み終わったレンズマン



銀河パトロール隊—レンズマン・シリーズ〈1〉

先日読み終わりました。新訳になって、昔見たポップな挿絵がなくなってました。一切挿絵なしなのが良いです。
挿絵のことを覚えてるくせに、話の展開等細かいところを全部忘れてたので、初めて読むのと同じ状態でした。

いや、もう、キムボールさん、完璧超人すぎ。

容姿端麗で身体機能最高で勉学優秀。頭脳鋭く、どんな逆境にあってもくじけず天性のひらめきで事態を打破する。
こう、文字で設定だけ読むとすげーむかつくキャラでしかないのですが、物語の中ではすげー輝いてみえるのです。上手いなー。
何をやらせても軽々こなしてしまうキムボールの前に、いやそれありえないからレベルの難仕事が立ちふさがるので、あまり天才性がハナにつかないのです。主人公の超人ぷりにむかつくより先に「なんじゃこの事態は」とあぜんとしたり「そんなんありか」な難題に魂抜かれたりして、キャラ造型上のマイナス面に目を向けるヒマがないのです。
実際、「こいつって、作者に愛されまくって無敵オーラ放ってるキモチワルイキャラかも?」と我に返ったのは読了後でした。

だからって読むのやめと思うには、先の展開が気になりすぎ。

無敵キムさんも、重傷を負ったり失態を演じたり、少々へこむようなことを経験してるので、まあゆるしてやるかとえらそうに思うわけです。へこんでる時、誰も甘やかさないしな。キムも、誰かを頼ろうとしてないしな。

今は「グレー・レンズマン」を読み始めました。クラリッサとの関係が、べたべたしてないビジネスライクな空気なのがステキ。
by kusarigamayaya | 2005-01-09 18:46 | SF小説