ゲームしてたり、PDAやMacをいじってたり、今思いついちゃったことをだらっと流したり。話題はその日の気分でてきとーに、色々狭く浅く投げっぱなし。写真は先々代ジャンハムのネボ。


by kusarigamayaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:マンガ(読んだ時)( 104 )

みんなーーー

今月(2014年2月号)のパンプキン・シザーズは来月号(2014年3月号)と併せて読んだほうがいいらしいですよ!

私はネタバレ上等派なので読みました
感想は先送りです

うおお
[PR]
by kusarigamayaya | 2014-01-08 20:07 | マンガ(読んだ時)
読んで「はー!!!」って胸熱なって本誌閉じて、を繰り返してると一ヶ月が過ぎます。

今月はコミケまでヒマなので感想書きますよ!
二ヶ月ぶんまとめてじゃんとかツッコミなしですよ!

このテロ事件、どうやって三課に帰結するんですかね(7月号のインターバル最後読みつつ)
またミラクルな着地点なんだろうなーワクワク


8月号ナー

ランデル、否定し修正してくれる存在が居るから=自分の周りはイエスマンだけではないから自分で在ることができる、って大層な悟りっぷりで痛々しいくらいです。
なんか、どっかでまだ三課の面々を信じ切っていないふうも感じられるし、三課を信じ切らないようにしようとしてるふうも感じられるし。
コミュ障ヒロインちゃんめ! 自分の手がダメならアリスちゃんにぎゅってされるがいいわ!
抱きしめる手は男だけのもんじゃないのよ!!

そんなアリスちゃんは17巻ラストで個人を捨ててたけどな……

ミュゼは必死に自分へ「自分はカウプランだ」と言い聞かせてるふうですね。ランデルと同じで、心の底に聲を飼ってるみたい。ランデルと違ってその聲は表面まで上がってきてないだけで。

ハンクスとアリスのやり取りはチョウかっけええええええ!!!
アリスちゃん詭弁にも見えるまっとうな意見すげえええ!!!
ハンクス動かしちゃったよーーー!!
ってあれ、制帽かぶってんの現在ですよね? ですよね???? コマの外白いですよね!!!!


9月号ナーーーー

表紙、90.5話ってことはこれ8月号の前に入るエピソードってことですかね。

しかしこれまた大層な爆弾てきなエピソードでしたわよ……
なにあのマーチスのエプロンとか給仕とかコーヒーだばあとか!! あのエプロンは舞踏会の炊き出しのときと同じやつぽいとかそれなら三課の備品かとかそれなら残業のとき軽食作ったりするのかしらとか、たったの1ページで妄想がえらいこと広がりましたわ!!

三課で料理の順位は マーチス=オレルド(なんだかんだで女子好きされそうなことにはマメそう)>ランデル(どうにか自炊できるレベル)>>>>(越えられない壁)>>>>ステッキン>>>アリス(包丁使うと右手切るレベル) な気がします。
ハンクスはめっちゃ本格的な男の料理得意か、一切できないかどっちかの極端なかんじがして判断つかないのであえて入れませんでした。
だってマーチス、つるっと殻剥けるくらいうまく卵をうでるんですよ……剥くの上手なんですね……

皮の話はしていません!!!!

旧ペリオン領については言語の塔を建設したときと同じ手口ですかね。うまくちょろまかしてたっつう。
ぽろっと三課の会話にローデリアの単語が挟まっただけで「もしかしてセッティエーム姫がうまく立ち回ってくれたりするんじゃ!?」と思ったけど彼女は旧ペリオン領で何してるか査察する側でしたわ……
帝国民、これ以上被害広がらないと良いですね……
[PR]
by kusarigamayaya | 2013-08-07 17:08 | マンガ(読んだ時)
発売からかなり経ったので特に伏せずにネタバレゴーゴーで感想書きますわよ


「いじめられた」と過去を語るひとは多くても「いじめたことがある」と明確に覚えていて更にそれを告白するひとはほとんどいないですよね。17巻ではいじめた側が成長後「あのときはゴメンな」と謝ってましたがそれは傲慢さの表現であって、実際には無いよなーと心のどっかが冷えてくのを感じながら読んでました。まあそれは私が現在人権としては平等な社会に生きてるから思うことであって、征服民と被征服民という立場だったら「謝られましても」とこじらすんだろうなあって思いますわ。
じゃあどうされたら相手を許すんだろうね。殴りつけたところで、謝られたところで、何も救われないなら。カネ積まれたって土下座繰り返されたって相手が死んだって許せないっていう怒りと無念でいっぱいのひとは。

そしてアリスちゃんへの「救い」って何だろうってしばらく考えてました。人々の笑顔、彼らが立ち上がって日常と「戦う」姿を見れるようになる、つまり戦災の消失、「戦災復興部隊である自分たちが不要になること」 ……どれも違うような気がするしそもそも郵便ポストは自分が不要になることを望んじゃいないだろうし。
アリスちゃん個人としてのアイデンティティを捨てるとか幸福追求をしないことが巡り巡ってアリスちゃんの幸福になるんだろうか? おねいちゃんの言うこともたまには聞いてあげて!!

ハーケンマイヤーはもっと早く帽子脱いでればここまでつらくなかったんじゃないの!! ばかなんだから!!
ばか正義っこ! すき!!
立ち上がる力をなくさなかったきみがすき!!

スクリプターの能力っていうのは世の中が調和に満ちているだろうっていう数学者や物理学者による仮定みたいなもんかと思うと私には解りやすかったです。
世の中波と確率なんだよ!!!!!!!!

ごめんちょっとわかりづらくなった

ステッキンが曲を作るならそれはまさに大衆向けのPOPソングになるんでしょか。今ならレコード会社とかから引く手あまただろうなーニコデビューとかしてるんだろうなー
ただその能力が隠された情報を暴く方向に向かうのがスゲエ 普通思いつかないわ!!

ロンダリオの案はまさに戦後直後の土建屋てきな発想で、あの貴族主義バリバリの中で資本主義貫こうとするロンダリオさんかっけえーーーー!!! ってなりました。
そのロンダリオさんの案の変化球をガッチリ受け止めて的確にパスするアベルもすげーーーーーー!!
この二人のうすいほん誰かはよう……!!

ロゼッタちゃんはな
は な
もう 読んでくだせえ としか

パンプキン・シザーズは女子がかっけえマンガ

でも幼女おさなすぎて伝わるかあれ
伝わるか! 伝わるよな!
オトナの本気の言葉は伝わるよな!!

なんだかんだで野郎もアホ熱いしなパンプキン・シザーズ

正義の見えない時代に正義を貫こうとするアホ熱いやつばっかだよ!!

レオニールも何ゲにロンダリオと似たり寄ったりですね。レオニールは弱いやつはそこでくたばれ派、ロンダリオは弱いものにも立ち上がる力をくれてやれそしたら強者の俺が存分にボコってやる派って感じですが。強いやつが強くあろうとすることはキライじゃないかんじが似たもの同士なかんじ。

そして颯爽登場アリス・L・マルヴィンですよ!! 待ってた!! チョウ待ってた!!
白薔薇も待ってた!!
馬待ってなかった!!
スゲエ馬きた!! びびった!!

あの戦法はアリスくらい身が軽くないと逆に出来ないものかもしれないですね。
いくらエイスがバカつええ馬でもやはし伍長が乗ったらバテるの早いでしょうし。

んでアリスちゃんが伝令だからこそ0番地区の連中参戦がスムーズに行ってるふうです。
これ、他の誰でもこんなにうまくいかなかった気がします。そのための0番地区篇でもあったんですねー。ランデルの過去バナってだけじゃなく。

そしてラスト、クレイモアワンとランデルが出撃、ってとこで終わるなんてずるいよ! オトナって卑怯だよ!! コミックス、次はいつなのよ!! 月刊少年マガジンだってあと1ヶ月先じゃない!!!



遅ればせながら連載10周年おめでとうございます。マガジンの表紙とか全員サービスとかグッズもっと作ってプレゼントとか期待してましたしょぼん。クオカードは嬉しかったのでアンケートハガキ書きます。
[PR]
by kusarigamayaya | 2013-07-09 22:24 | マンガ(読んだ時)
とらのあなさんで特典カードつくみたいです。つくみたいですよー!!!

【とらのあなWebSite】【予約】Pumpkin Scissors 17巻(KCDX)

ザ☆俺得!!!!! やったーーーー
[PR]
by kusarigamayaya | 2013-06-13 20:51 | マンガ(読んだ時)
やっとまとまった時間を取れましたわよー

そんなわけで発売からもだいぶ経ってるので伏せずにそのまま行きますよう

--------
ようやく始まったミュゼの告白タイム!

冒頭伍長の夢、本誌だと判りませんでしたが細かく文字が絡み合った、文字通りの声の塊だったんですねぃ
聞かれれば答える、っていうのもやはりランデルの中にカウプランの欠片があるせいですかねぃ

ランデルが聞いている声が「命を無視した」って何度も念を押すように言ってるのは平等にあらゆる生命をも無視するってことかな、っていうのがどこかアリスちゃんの「三課はシステムでないとイカン」てきなとこにつながってる気がします。
あなたたち自分の心ころしすぎ。

ところでハーケンマイヤーのファーストネーム何ですかね! 気になりますね!!

ミュゼの告白は長いので、本誌掲載時と大幅に入れ替えて一気に読ませてくれるのが嬉しいですね。ワンピと同じでまとめて読まないと現在何が起きてるのかさっぱりですょ…

ミュゼの挫折、カウプランの怖れ、何れにしてもこのひとたちもいわゆる「自分の実体」としての肉体とか存在とかを実感していない気がします。生きている、ということに対しての積極性が薄いかんじ。
だからたぶんスプリューウェルの声は届かないし、ハーケンマイヤーの迷いもわからない。

そして「接木」のオペは誰が執刀したのかっつう謎が。痛みをこらえて自分で脳外科手術できるならえらいこっちゃ天才ですわよミュゼ。
どうなの。

っていう合間に情報部。
電信が横取りされた可能性、クサいのは帝都地下大水道、ってここでつながってくるのかよてきな! 伏線!
そして! 組織X!! …プスー…
こんなかんじでちょいっと挟まれるコメディタッチの落差たまらんスね!
情報部も電信の可能性については研究してるってのがスゲーです。貴族様たちはたぶんハナで笑って予算なんかつけてくれないだろうに、何とかやりくりしてるんだろうなー

旧ペリオン国領土内で兵器局がやってることって、漏れたらマズイってことは人体実験かカウプランの残したナニカってことですかねぃ。
薬草絡みでナニカやってそうですねぃ。

セッティエーム姫は何とかして生き延びていただきたいのですと思いつつ、フラグがゴンゴン立ってる気がしてならないです。うおおおおおおひめええええええ

再びの情報部では我らがステッキンちゃんが! 秘めた能力解放!! ってか彼女の能力は歌とお茶くみだけじゃなかったのね…(まあそれは舞踏会篇の頃から匂わされてましたよねぃ)

オレルドも良い仕事してるし、三課ってほんと良い人材集めたもんだわー
人間性に多少問題あってもいいじゃないにんげんだもの

とはいえ移送作戦の名称はセンスネーナと思うよ! オチかオチ担当なのかこの作戦名!!

合同会議は横槍が入らないまま進行中。特許にがんじがらめの状態ってどんだけストレスかかってたんだろうなーと思います。そんな中、多重実験されてる状態のランデル…手術もそうだし高々機動装甲車との対決(予)もそうだし…!
麻酔無しの手術なんて見るのもヤバそう

巻末近くのラインバッハ兄弟は使い捨てにはほんに惜しい兄弟でござったよ…双子だったのかどうかもわからないのに…あまりにも早い退場…ッ!

と悲しみに暮れてたら、ラスト、インターバルで白薔薇アリスちゃんきたーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!
時代錯誤でも何とかしてくれるって信じてるーーーーーーー!!

本誌の感想はいずれ。
[PR]
by kusarigamayaya | 2012-12-19 21:37 | マンガ(読んだ時)

ちょ おま

特典誰得

【とらのあなWebSite】【予約】Pumpkin Scissors 16巻(KCDX)

パンプキン・シザーズ16巻の出る14日は財布握りしめて池袋行ってきますわ!!!!!
[PR]
by kusarigamayaya | 2012-09-09 15:06 | マンガ(読んだ時)
コミックス派のかたガン無視で、たたまずに行きますょ!!

おもいきしネタバレしてますのでご注意ください

-------

要求が「通すか否か」ではなく「通せ」でしかない。

そういうことですよね。条件が二択でなく実質一択ですし。通したらどうなるかという条件が出ていない。
それを見抜いているセッティエーム姫の聡明さがたまりませんぬ!! カトリエーム姫がいまいち状況を解ってないのもかわいい。上に立つのはやはしセッティエーム姫ほど切れるひとより、人望を集めるバカタイプのカトリエーム姫のほうがいいのかもねぃ。参謀:セッティエーム姫っていうの、良くね!? 何度も言ってるよね!! だってステキなことだから!!
この二人、無事に国へ帰れるのかなー……

やれることをやってたら事件の核心に近づいてた三課メンバーかっこええ……! ここでステッキンの能力が公になるとは! ステッキンは、書類の並びを音楽として捉えるんですね。余計な情報が不協和音に感じたり、ここであるべき音がないとかっていうのをさっと感じ取ったりするテイなのかな。ハンクスはその技能をどこまで見抜いていたんだか!! 喰えないタヌキですな!! イカス!

帝都を自在に抜けられるルートを明かしちゃうのは、何ゲにえらいこっちゃのことのような……情報部長もオレルドもそれをわかっていて条件の1つにしたんでしょか。

で、このままだとあの作戦名がそのまま書類に残ることになりそうですね。組織Xの前例からいって。マーチスがんばれ。なんとかそれっぽい作戦名ひねりだすしか。

……ランデルには……しぼうふらぐが立った気しかしないのは、いつもの「とみせかけて!」のひとつですよね……よね!?

結論:ナースちゃんかわええ
[PR]
by kusarigamayaya | 2012-05-23 01:54 | マンガ(読んだ時)
アニメ終わっちゃいましたねー銀魂。

ってしんみりすると思ったー!? 残念ぶぶー!!! そんなことでへこんでられっかよォォォ!!
てきにテンション上がる最終回でした。ステキすてき。悪ふざけもオトナが本気でやるとかっけえ。
劇場版またやってくれるの待ってる。スゲエ待ってる。紅桜辺りでハマったニンゲンですから。待つ。

ジャンプ本誌のほうはアレね、風呂敷たたもうとしてるのか、過去バナがここにきて重いですな。
気分は先に「うおおおおおおお銀さあああああああんんん」っていうのがきたあと、高杉さんのなんつーかこう、先生ラブっぷりがかわいらしいやらかわいそうやら。いたいけでいじらしいよなーーーーー!!!
ラストの警察さんたちもスゲーかっけえ。まさかそこで来るとは。
ああそうよ、そのまさかよ!!

まさかよ、で思い出したスクライド叫びナイト

前回以上に会場があぢあぢでした。しょっぱなからフルスロットル。どゆこと。
本編は予習しておいたのでセリフがところどころ絶叫でかき消されても問題なかったです。あとラストのアレやってるとこは会場がまるまるプロレス観戦てきな「やれー! そこだー! あいたたたー!!」っていう叫びで埋まってました。うはあ楽しい。
バカになって出てこれる作品です。こっちもオトナの悪ふざけっていうか、本気でバカやってますっていうか、そんなかんじの作品。

銀魂とスクライド見たあとしばらくは「他人の話聞かないのかっけえ」モードが抜けなくて弱りました。が、そこがいい

そろそろ5月に向けてウォーミングアップ始めます。同人誌作らないつもりでいたのを方向転換します。なんかうっすい本で良いから出したいのです。具体的にはサイキキャラでモンハンするような本。俺得!!!
[PR]
by kusarigamayaya | 2012-03-26 22:20 | マンガ(読んだ時)

思ったんだ

マーチスってオレルドよりリア充じゃねオタクてき意味で

好意を持ってくれてる女子複数居るし、しかもつるぺたときょぬうだし、地下文学研究楽しそうだし、メカイジリもそこそこ楽しそうだし、オレルドっていう同僚もハンクスっていう上司もイイヒトだし、給料良いし

そこ代われ!!! とくにセッティエーム姫の隣!! 渡さん!!!
[PR]
by kusarigamayaya | 2012-03-09 01:04 | マンガ(読んだ時)
パンプキン・シザーズ、月刊にすら追いつけてないから15巻の感想いきますょ

14巻と合わせて大胆にエピソードを組み替えてあって、まるで新しい物語を読んでるよう…っていうかスゲーわかりやすくなってる! ステキ!!
警察と軍部の末端での確執、上層部と下部組織の乖離、それぞれの「正義」、それがかみ合わない不幸、っていうのがぐるぐる巻きになっててとてもスリルとサスペンスー。

私としてはセッティエーム姫が、囚われの身でありながら冷静な判断をしつつ、でもやっぱりコドモなんだなあってとこがチョウ萌え。聡すぎるから王には成れないだろうなー…王になったらそれなりの善政しいてくれそうなのに。周りがやりづらそうだ。

アリスちゃんは出番少ないなーと思ってたら、最後にスゲーかっけえかんじで全部かっさらっていってくれましたね!!! 発売直前の本誌に載っていた話だったので、本誌買い忘れたかと思いましたょ…マガジンって時々そういう発行のしかたするよね。ビビりつつも楽しい。
アリスちゃんはそのうち、もう少し信念をやわらかく持てるようになるのかしら。今のままだとかっこいいけど一人の人間としては生きづらいよなー。アリスちゃんには幸せになってほしいけど、本人は「幸せになっちゃいけない」って思い込んでる気がする。前にアリスちゃんの姉さんが言ってたような気もするなこれ。

あとマーくんの大活躍な! 犬の散歩なら仕方ないよね!!

地下文学創作研究会の話はあらためて読みたかったので収録されててよかったですわー。あのままないことになっちゃうかと思ってました。

最後に、とらのあな特典のポストカードはシアワセマミレでした。まさに俺得!!! セッティエーム姫たまらんです萌エエエエエエエ

フゥ ハッスル失礼
[PR]
by kusarigamayaya | 2012-03-08 20:03 | マンガ(読んだ時)