ゲームしてたり、PDAやMacをいじってたり、今思いついちゃったことをだらっと流したり。話題はその日の気分でてきとーに、色々狭く浅く投げっぱなし。写真は先々代ジャンハムのネボ。


by kusarigamayaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

秋になると数学を学びたくなる

ハロウィン用の絵を描きつつ、じゃんぷ立ち読みに行きつつ、何か頭がぼーとしてるので図書館に行きましたん。

「ポアンカレ予想を解いた数学者」という本を借りました。幾何学とか位相幾何学についてウィキペディアを眺めてた時に気になった本です。(そもそも位相幾何学も、友人と話をしてる時に「最近勉強したいのがソレ」と言われて調べる気になった)
……相変わらず、むつかしいことを考えると眠たくなります。

ポアンカレ予想についてはウィキペディア辺りでてきとーに調べてみてください。

自分、へっぽこ脳だなあと思うのは、訳注として書いてある数式が全然理解できない時。記号が何を指してるのかも解らない時があるょ!!!

「フェルマーの最終定理」(新潮文庫のノンフィクション)を読んだ時も、大半はサッパリだったょ!!!

ただ、まあ、のうみそコネコネされてる感じが好きなのです。これを通り過ぎるとしゃきっとする。たぶん。
数学が何の役に立つ、って、たぶん気晴らし。そんなもんだ。

本は、割と解りやすく書いてあると思います。高校卒業程度の幾何学が何となく理解できてれば、方程式はともかく書いてある内容は『おてあげ』ってほどではない……と思いますょ。完璧に理解するのは、たぶんムリ。そんなもんだ。
[PR]
by kusarigamayaya | 2008-10-20 21:00 | 考えた