ゲームしてたり、PDAやMacをいじってたり、今思いついちゃったことをだらっと流したり。話題はその日の気分でてきとーに、色々狭く浅く投げっぱなし。写真は先々代ジャンハムのネボ。


by kusarigamayaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

月刊少年マガジン 6月号感想

パンシザ読みました。

ねたばれ有りなので、読みたくない方は止めてください。



















前回今回と密度が濃いですょ。登場人物が多いせいか。

CJとウルスラと少尉と、女難の相出まくりの今エピソード伍長。しかも今回は過去バナも混じって、画面的に平均年齢が下がりまくってます。コドモマミレ。
なのにお色気まんさい、とはこれいかに。

口リか。

しかも冒頭の昔ランデル少年を含めるとショ夕もか。

……いや、少年マンガはコドモが活躍する話、とするなら正統すぎるほど正統なので、これで良いのです。
ちっちゃランデルの話、もっと見せてー

0番地区は一カ所だけじゃない、というのは意外でした。成り立ちを説明されて納得です。必要悪というのはどんな時代にもあるもんですょ。
ロンダリオ氏は「地区ごとなくせば良い」と考えてるんでしょうかね。
今のアリスちゃんは、どんな答えを見つけるんでしょうね0番地区で。

カルッセル編では割と硬い表情が多かった伍長が、今エピソードでは「やらかい」表情ばかりなのでほのぼのすると同時に、事件が動き出すとまたいつもの901な顔に戻るんだろうと思うとちょっとブルゥ。
……まあ、どっちも「ランデル・オーランド」なので悲しむことはないか。

で、迷子のアリスちゃんがどうなることやらと思ったら、あっさり伍長と再会してて笑っちゃいました。なーるほーどねー
固まりっぱなしの伍長が非常に愛らしいです。そういうの苦手だって作中で言っちゃってましたしね。フリとオチが毎回ステキ。

伍長は結局誰も選べなくて、全員から平手打ちを食らうと良い。愛くるしいオロオロさん的な意味で。
[PR]
by kusarigamayaya | 2008-05-02 18:36 | マンガ(読んだ時)