ゲームしてたり、PDAやMacをいじってたり、今思いついちゃったことをだらっと流したり。話題はその日の気分でてきとーに、色々狭く浅く投げっぱなし。写真は先々代ジャンハムのネボ。


by kusarigamayaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パンプキン・シザーズ 月刊少年マガジン3月号感想

カルッセル編が終結です。

今回は! もう! 伍長(でかいほう)のかわゆらしさに! 尽きると思いました。
ステキな子犬っぷりに、コンビニ店頭でどきどきです。でかい子犬。スゲー

それと、少尉(貴族のほう)と伍長(ちょきちょきのほう)の間に生まれた「信頼」がようやく太くなったのが判る良い回でした。
そうか冒頭の車両ぐらりの時、少尉(ティラミスのほう)にはそういうふうに見えてたのカッとか。……なんだよう、ヴィッターってば相当の恋愛脳じゃないカッ。ベクトルが違うだけで。

違うかな。違わないかな。そもそも恋愛脳って。

まあいいか。

伍長(小さいほう)の想いも、先月気づいた以上の深読みはしなくておっけーちゃんくさいです。後日談でまた違うことが語られるかもと思いつつ。
来月からはまたしばらくおきらくバナシなんですかね。
長くても短くても面白いから良いや。

そして、いつもは毅然としてる人が不意に見せる弱さって、ほんとにかわゆらしく見えるものですね。
少尉(どっちも)。
[PR]
by kusarigamayaya | 2008-02-06 16:33 | マンガ(読んだ時)