ゲームしてたり、PDAやMacをいじってたり、今思いついちゃったことをだらっと流したり。話題はその日の気分でてきとーに、色々狭く浅く投げっぱなし。写真は先々代ジャンハムのネボ。


by kusarigamayaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

健康とか親指とか眼とか

最近、原稿を描くのに終日Macに向かっているせいか、視界はかすむ肩はこる右手親指付け根は痛む胃は重いと、ステキに頸肩腕障害風味。

先月下旬頃から度合いがひどくなってきたので、先週末くらいから医者行きまくりです。眼科内科整形外科整体内分泌科獣医。(最後のは、ロボハムビリーのかかりつけです。いいかげんおじいちゃんハムスターなので、ものもらいでまぶたがめくれるわハゲまくりでゴラムみたいだわでシオシオでした。今は回復傾向)

整形外科は、最初に行った医者では腱鞘炎とのことで肘に注射を打たれました。なんか明らかにやぶだなあという診察方法だったので、違うとこに行きました。
そこでは痛くないところを揉まれ「ここが腱鞘。ここが痛くないならぶっちゃけ関節炎」と診断されました。あれま。
「腫れてるし」と、患部を見て苦笑いされました。ほんとだ。
マイクロとレーザーを当てる療法を始めました。

最初の医者は、やぶすぎて楽しすぎ。既往症も聞かず問診もろくにしないで注射ぶすー。いっそ、すがすがしいくらいのやぶ。思い出すたび笑えます。マンガみたいだ。
命に関わりないとこでの誤診で良かったなあ。

眼科ではコンタクトを作り直しました。左目がかすんで、空気が入ったようなプチプチする感覚が抜けなかったのです。まあ、6年以上くらい使ってるしね。度も下がったしね。
今日、入れて帰ってきました。コンタクトを取りに行った時に眼底検査もしたので、前と同じくらい見えるようになったのか今は判断できません。クスリで瞳を開かされてるのです。早く抜けれ。
眼の中、プチプチ言わなくなりました。やはし眼球のカーブが変わっていたのじゃろう。

説明書を良く読んだら、連続装用できるO2ハードでした。技術ってスゲー。

使い捨てレンズだとカネかかりすぎてイカンのです。一日分は1円くらいにしてほしいものです。……そうすると機能の信頼性が下がる気がして、やはし使わないんだろうなあ。キモチって複雑よねえ。

原稿はアトチョットアトチョットダッテバ
イレギュラーが立て続いてても終わらせる!! 時間が読めるデジタル作業ってありがたいです。
[PR]
by kusarigamayaya | 2005-12-01 18:27 | 考えた