ゲームしてたり、PDAやMacをいじってたり、今思いついちゃったことをだらっと流したり。話題はその日の気分でてきとーに、色々狭く浅く投げっぱなし。写真は先々代ジャンハムのネボ。


by kusarigamayaya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

脳をコネてる間に

冬コミの当落通知メールが届いてました。

便利ねインターネット。
c0003521_19264456.jpg
カットは夏コミの時とあまり変わりなく。
Dぐれ本について書いてあったのが「さすが自分!」と感心したポイントでした。なんだー、申し込みの時にもうDぐれ本出す気でいたんじゃーん。
まあ、そんなこと書いたの忘れてたわけですょ。まいりましたね

というわけで自サイトにスペースナンバーをアップしてあります。
ついでに壁紙も通常仕様に戻そうと思い、ハロウィンって今日いっぱいじゃんと気がつきました。あぶねー!

サイトの壁紙は明日以降、今までのものに戻します。配布してるやつはたぶんそのままアップしておきますので、てきとーにダウンロードしてください。


ここからは最近の日常バナシ。

数学は未だ参考書をいくつも読みながら考え中です。
χはおどる人の絵文字じゃないとか、yは腕を組んで顎を撫でて考え込んでる人の絵文字じゃないとか、γは今から飛び込もうとしてる人の絵文字じゃない、とか余計なことばっか考えてるので中々先に進みません。

三角関数は何度考えてもむつかしい。なぜ正弦と言うのか、なぜ余弦と言うのかが解らないとこからつまづくからです。
まずは日本語の勉強からなのです。トホー

位相幾何学(トポロジー)は「ゴム膜の幾何学」と書いてあったのを読んで、ようやく納得いきました。位相幾何学では円も四角形も同じものとみなすそうですょ。
二次元平面で考えるとした時、想像上の伸縮自在の膜の上に書いた図形は、膜が破れないようにうまく引っ張れば円にも多角形にもなりうるからだそうですょ。

線が交差してたりすると(たとえば十字形とか)だと膜をどう引っ張っても円にはならないので同じ物じゃない(=同相じゃない)ということらしいですょ。
面白いこと考える人も居るもんですよね。

計算は今でもサッパリのままです。

そんなもんだ。
[PR]
by kusarigamayaya | 2008-10-31 19:43 | マンガ(描き手の時)